安全な借家利用

かつて日本には、持ち家至上主義というものが存在していました。
現在でもそれが完全に消えているというわけではありませんが、それでもかつてに比べると賃貸住宅を利用する、ということに対する考えが和らいでいると言えるでしょう。
世帯数に対して物件数の方が多いとすら言われる飽和状態の現代に置いて、価格が安くなってきていることも利用の頻度を高めている理由の一つだと考えられます。

賃貸を利用することを借家と言います。
この借家を行なう場合には、いくつか考えて置かなければならないことがあります。
それは、あくまでも借り物であり、返却する時、すなわち契約が切れた時には借りた時の状態に戻す必要がある、ということです。
この事を原状回復と言います。
経年劣化による仕方がない汚れなどについては完全な修復を行なう義務こそないものの、明らかに汚してしまった場合などに関してはしっかりと修復を行なわなければなりません。

さて、より大きな問題となるのは、簡単に修復が出来ないような問題を起こしてしまった場合です。
もちろん、そういった事態を起こさないのが最良ではあるものの、人間いつ不注意で問題を起こしてしまうか分かりません。
例えば火災などがそれに当たるでしょう。
このような問題が発生すると、自分の経済力だけでは賠償することが出来なくなります。

そういった時に必要となるのが「保険」の存在です。
ここでは借家にまつわる保険について紹介し、安全な賃貸利用について解説します。



★管理人推奨サイト
旧法と新法で契約内容が変わる借地権について専門家が説明しています ⇒ ⇒ 借地権